品種にもよりますが、総合的には大きい果実のほうが美味しいといえます。

梨果実の芯の大きさは、大きい果実も小さい果実もあまり変わりません。
つまり大きい果実ほど、食べられる部分が多く肉厚で、梨特有のシャリシャリとした食感をより味わうことができます

大きい果実は水っぽいという俗説もありますが、そんなことはありませんのでご安心ください。

ちなみに、”幸水”や”あきづき”は大きさに関係なく糖度が高い品種といえます。ただし大玉のほうが食感は楽しめます。
それ以外の品種は糖度が大きさに比例して高くなる傾向があるので、なるべく大きい果実をおすすめいたします。
もちろん小さめといっても、味に自信を持てないような小果は販売しておりませんので、どうぞ用途やご予算に合わせてお買い求めください。

なお大玉の梨は各品種の最盛期にならないと色が回らないため、出荷はその品種の収穫中盤~後半になります。
各品種の収穫期間の図/取扱品種一覧

少しお待たせすることになりますが、受けた注文は必ずお送りいたしますので、安心してお待ち下さい。